フマキラーは仕手株になってもUSJはならない理由

仕手株というのは上場企業が選ばれるものであるため、USJは仕手株化されるということがありません。またUSJが上場をしていたとしても仕手株化されるかというと微妙なところであり、過去に上場をしていた企業ですがその時でも千億前後の時価総額となっていただけに、ちょっとやそっとの資金では株価を操作できるような銘柄ではありませんでした。仕手株とするためには株価を思うように上下させることができるのが重要なポイントとなってくるので、USJというのは仕手株になりにくい銘柄だったのです。

それに対してフマキラーは東証二部に上場している企業であるため、仕手株化しようと思えばできないものではありません。時価総額にしても200億円程度しかありませんから、ある程度の資金力があれば株価を操作することも不可能ではありません。
企業として全く魅力がないというわけでもありませんし、優待もあることから一定の注目を集める銘柄であるため仕手株として選ばれにくいものではあるのですが、それだけに少し材料が出ると人為的に見える動きをすることも珍しくありません。思惑によって一時的に株価が上昇するというのは、仕手筋が絡んでいる可能性が十分にあるものとなっていますから、このようなときには仕手株とまでは行かなくてもそれに近いような状態になっているとも考えられます。
投資する人そのため、フマキラーのような銘柄を購入するときにはタイミングというのが重要となり、不自然に株価が急騰をしているタイミングは避けたほうが良いといえます。投資対象として魅力がないわけではないので、買い時を誤らなければ投資をするのも悪いものではありませんが、仕手もどきの動きをすることもあるだけに買い時が重要な銘柄となります。