仕手株に騙されない為には

株取引で気をつけなければならない点は多くあります。というのは、一般的なギャンブルと違って、動かす金額が大きいことが挙げられます。
株を売買するときは、諸々の情報などを基に、安く買い、高く売って利益をだすのが自然な取引です。現物取引で、自分で確かめた情報をもとに値上がりする確信を持って現物を買うので、よほどのことが無い限り、致命的な損失は生じないでしょうし、もし損失となっても自分の調査不足ですから納得せざるを得ないですね。

株を買うタイミングですが、自分で集めた情報通り、少しずつ値上がりしてきたから、今が買い時だ、ということで買うのも自然です。しかし、何の実態もなく株価が上がってきた場合に注意しましょう。こうした株価の動きは仕手株という組織的な株価操作である可能性があります。見分ける方法はいくつかありますが、まず、仕手株とは何か知っておきましょう。

株価を操作しようとする仕手筋と呼ばれる集団が、一つの株を集中的に買います。すると、株価の需要と供給の関係により、その株は値上がりします。株価が上昇すると、投資家が買い、さらに、株価が上がります。仕手筋は業績の実態のない法人の株価を、こうして上昇させ、一気にカラ売りします。こうした株は、普通、二度とそのような高値にはならず、仕手株を買った投資家は損失となるのです。
赤字続き一般的に、仕手株を見抜くには、価格が上昇してきた法人に業績の実態がなく、赤字続きなどの株が狙われるようです。業績の裏付けや相当な配当が期待できる法人の株を集中的に買い株価操作をするのは難しいことだからです。

つまり、仕手株は法人の業績が良くなったわけでもなく、今後目新しい商品の開発などの材料もなく、ただ株価だけが上がってゆくので、相当な注意と専門家への相談で、ある程度はわかると言われます。