日本鋳造は仕手株になる?小松ストアはならない

日本鋳造は仕手株に狙われる可能性があっても、小松ストアが狙われるという可能性はほぼないものとなっています。なぜそうなるのかというと、小松ストアは上場していない企業の銘柄であるため仕手株になりえないためです。
小松ストアは以前までは上場をしていましたが、流動性が上場廃止基準に抵触をしてしまい上場廃止となってしまいました。小型株は仕手株に狙われやすい銘柄と言えたのですが、流動性が低すぎるという問題もあり十分な玉を集めることが難しく、仕手筋からも目をつけられないような銘柄だったのです。

それに対して日本鋳造は時価総額が50億円程度と小さいながらも、全く流動性がないというわけでもありませんから、仕手筋としては玉も集めやすく狙いやすい銘柄と言えます。業績が安定していないということはありませんが、業種的には伸びしろもなく株価が大きく上昇する要因も少ないだけに不人気の銘柄であり仕手筋からすれば仕手株化するのに都合の良い条件が揃っています。

リスクそのため、日本鋳造は時折不可解な急騰を見せることもある銘柄となっているのですが、急騰した時に慌てて飛びつくというのは高値づかみをしてしまうリスクの大きいものとなっているので手出し無用となります。逆に株価が落ち着いているときというのは、大きく株価が上がるということは期待できないものの大きく下落をするということも少ないので、そのような段階で仕込んでおいて、いざ仕手化したときに売り抜くという方法であれば比較的リスクは少ないといえます。

ただし、日本鋳造自体も将来性という物が高いわけではありませんから、単純な業績悪化によって株価が下落する可能性はあるので投資をするにしても余裕の範囲にとどめておくのが良いでしょう。