そもそも仕手株ってなんのこと?

大きな損失仕手株というのは仕手筋と呼ばれる人たちが、人為的に相場を操作して利益をあげようとする株のことを指します。このような株というのは企業として価値のない銘柄が選ばれやすいものとなっているので、不用意に手を出すと大きな損失を出してしまうおそれもあります。

仕手株はまず業績も低迷していて人気のない銘柄を少しずつ買い集めるところから始まります。そして、十分な株が集まったら今度は株を買い上げて目立つようにします。
仕手筋が狙う株というのは不人気で企業としての価値も乏しい銘柄ですから、仕手筋の資金力があれば簡単に値を吊り上げることができます。
値段を釣り上げた後にはそれに飛びついてきた個人投資家に、安いところで仕込んだ株をぶつけて利益確定をします。元々企業としての価値が少ない株となっているだけに高値で掴んでしまった投資家というのは、何年も塩漬けになってしまうかあるいは大きな損切りを迫られることになるのです。

仕手筋は巧みに株価を上下させ高値で掴ませ、底で投げさせながら株価をどんどんと吊り上げていきます。株価が上昇していくと、将来性を考えた投資家たちが買いやすくなる状況になってしまい、仕手筋が利食いをしやすい環境が整っていくのです。
このように仕手株というのは価値のない銘柄が不当に釣り上げられたものとあるので、下手に飛びつけばただ大きな損をして終わりになってしまうということになります。上手く初動に乗ることができれば大きな利益を享受できる可能性がありますが、多くの場合には価値のない銘柄を高値で掴まされてしまうことになりますから、不自然な動きを見せる株は手を出さずにいることが鉄則となります。

仕手株に挑戦する場合の注意点

チャート仕手株は業績不振で低位株であることが多く、このような銘柄は莫大な資金で多くの株を買うことが可能なので上昇トレンドに転じた時でも個人投資家が投資しやすい株価であることが条件です。
チャートの移動平均線が上向きに転換すると、その後の上昇を期待した一般投資家が買いを加速させてしまいますが、仕手筋はすぐに株を売却することなく上昇トレンドを強めるために積極的に投資を続けます。価格が下がらず、相場の底堅さが確認できると相場は安定し、次第に出来高が高くなります。

ただ、多くの投資家は出来高のみを注目しており、どれだけの投資家による投資行動であるかはまず把握はしていないでしょう。値が上がりきったところで、相場が上下するとチャートを参考に売買が行われます。
例えば半年スパンでチャートを見た時に半年前は100円の株が、3か月後には500円位まで上昇したとすれば、仕手株要素が高いと判断した投資家は投資意欲が低くなります。
しかし500円を上値として株価を450円まで下げ、さらに500円まで戻し、再び450円付近まで下げるというような相場展開であれば下値の底堅さが伺えます。これが仕手筋のにより操作されている場合は、下値を限定的とするものではありません。一定のところまで株価を上げると、その株価が自然上昇するタイミングを待ちます。
取引が活発となり、600円を超えたところで全株を売り抜ければ仕手筋が市場から資金を回収することに成功します。

仕手筋が売り抜ける前を見計らって売らなければ必ず引っかかってしまうので、このような相場展開を読むにはチャートをしっかりと監視して株価予想をすることが重要となってくるでしょう。

投資する際は企業の認知度・信頼度を重視する

そもそも投資で一番大事なことは損をしないことですが、損をしないということはまず無理でしょう。なぜ無理かというと、短期的利益を追いすぎてしまいその企業の事業性をきちんと調べていないという人が多いからです。投資とは本来、成長する会社などの事業性を評価し、資金を投じてその企業の成長を応援した結果利益が得られるという仕組みでした。
しかし、株式という資産は株式市場を通じて誰でも簡単に売買ができるため日々の値動きが起こります。
短期的利益ばかりを見ていて、その企業の事業性を調べていない場合、日々の値動きに不安を覚え、結果として損をしてしまうのです。ですから投資をするならきちんと企業の事業について調べるべきです。

企業その際はまず企業の認知度と信頼度を重視することです。認知度が高いということは、その分野で先頭を走っていることが多く、市場シェアの多くを獲得している企業であったり、ブランド価値が他の企業よりも高い可能性があります。
また、長い歴史があったり大きな企業体であれば信頼度も高く、そのおかげで金融機関からの融資が容易にできるためさらに企業としての信頼度が上がるという好循環な経営をしているかもしれません。

これらの認知度と信頼度を調べるには、業種別に企業を紹介した業界地図などを活用したり、もっと詳しく知りたい場合は企業のホームページから財務諸表と呼ばれる会社の経営状態を示す書類を見れば、その企業がどれくらい資産を持っていて、どんな事業が好調なのかをすぐに知ることができます。
また、投資顧問に相談する方法もあり、企業の認知度と信頼度の高い会社の中からさらに選定しているでしょう。投資顧問の会社は多くありますが、優良な投資顧問を挙げるとトレーダーズブレインマーケットやファーストリッチ投資顧問などあります。
このように、投資をするならきちんとその企業の認知度・信頼度を確認しながら行うことが重要です。

■投資顧問会社は口コミ評価も気になりますよね
ファーストリッチ投資顧問の口コミ情報

■新規公開株情報が知りたい方はこちらを参考にしてください
IPO銘柄について